不妊に漢方は効くの?|漢方薬の効果や効能

なぜ不妊には漢方が効くのかについて記しています。

不妊には「婦宝当帰膠」という漢方がおすすめ

不妊の原因はたくさんありますが、その中で子宮の病気も原因として考えられます。

その代表が子宮筋腫です。

これはその名の通りに子宮内に筋腫ができることです。

本来妊娠というのは精子と卵子が結合した受精卵が子宮内に入り、着床することで妊娠につながります。

しかし子宮筋腫があることで着床が困難になり、結果不妊になってしまうことがあるんですね。

この子宮筋腫の原因は体内の血行が悪いことが考えられます。

そこで婦宝当帰膠という漢方を飲むことで血行を改善することができ、子宮筋腫を防止することができます。

婦宝当帰膠は女性のための漢方と呼ばれ、血行改善以外にも生理不順や更年期障害にも効果があります。

女性は体質改善を目的で漢方飲むときは、婦宝当帰膠を選んでおけば間違いはないと思われます。

不妊には「柴胡加竜骨牡蛎湯」という漢方がおすすめ

不妊にならないために気を付けなければいけないことがあります。

それはストレスです。

「義父や義母の期待に応えて赤ちゃんを生まなければいけない」、「育児や仕事をこなしながら次の赤ちゃん産まなければいけない」など、自分を精神的に追い込むことでストレスを感じやすくなります。

このストレスが蓄積されていくと、女性はホルモンバランスが崩れてしまいます。

それにより不妊に陥ってしまいます。

ですので、いかに日々精神的にリラックスするかが妊娠するためには必要です。

そこで柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方はリラックスのもとである副交感神経の働きを活発にします。

それ以外にも高血圧、頭痛を予防する効果があるので、自身の健康のために飲むのも良いでしょう。

なお、「毎日漢方を飲んでいるから大丈夫」という安心感もリラックスを与える要因となります。

柴胡加竜骨牡蛎湯の他の不妊効果について

先ほど説明した柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方はリラックス成分だけではありません。

http://www.thb-kokura.com/

なんと不眠にも効果があるんですね。

妊娠する体になるためには、まずは自分の体が病気を患っていない健康な体でなければいけません。

病気というのは疲労が蓄積されたことにより患うことがあります。

不眠により疲労が思うように取れず、その結果、蓄積されて体調を崩すというケースも少なくありません。

また疲労により身体がだるくなり、精神的に落ち込むということもあります。

最悪の場合に、そこからうつ病につながるというケースもあります。

ですので、妊娠するには毎日の睡眠の質を高めなければいけないということです。

そこで定期的に柴胡加竜骨牡蛎湯を飲むことで不眠を解消できるんですね。

Copyright (C) 2014 不妊に漢方は効くの?|漢方薬の効果や効能 All Rights Reserved.